大学病院・研究機関との提携

AI(ディープラーニング)の開発環境

実用化できるAIを作るためには以下の要素が必要です。

①質の高い教師データ

②目的に合ったニューラルネットワーク

③ニューラルネットワークを学習させるための計算環境

​また効率的にAIの開発をするためにはそれを支えるインフラを整えることが重要です。

大学病院・研究機関と提携しAIを中心とした医療機器の開発環境を整えます

日本の医療現場において人工知能が貢献できることは沢山あります。しかし、それを実現するためには多くの課題があります。

AI(ディープラーニング)を医療現場で使えるようにするためには、以下の環境を整えることが重要です。

①質の高い教師データの作成

②人工知能開発のためのシステム環境の構築

③アルゴリズムの提供

④医療機器メーカーとの共同開発 

Puravida Technologies は大学病院・研究機関と提携することで効率的な開発環境を整備し、より早く人工知能を医療現場に提供することで日本の医療の質とコストの削減を行っていきます。 

Puravida Technologies LLC.  Tokyo, Japan

                                                                       

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now