Business Overview

事業内容

日本の現状

​日本は超高齢化社会を迎えており人口の25%が65歳以上で、2035年には33%まで上昇すると言われています。

65歳以上の場合は国が9割(65歳以下は7割)の医療費が課せらており、労働人口が減少に伴い医療費は急速に上昇しており、

現状の医療制度では対応できないと考えられています。

昨今、急速に進化するAI(人工知能)ですが、その開発には教師データの作成など、医師による膨大な作業が必要になります。

しかし、医師としての通常業務が多忙で、AIの開発に多くの時間を割くことが困難なのが現状です。

日本の医師不足は深刻であり、その中でも放射線科医の数はOECD諸国の中でも非常に少ないというのが現状です。

​Puravida Technologiesの役割

Puravida Technologiesは医療機関、大学病院、AI ベンチャー、再生医療、IT・インフラ企業、高齢者向けサービス、医療機器メーカーと提携することで個々のサービスの強みや先端の技術をつなぎ合わせることで日本の医療をより良いものに変えていきます。

​​AI × 検診システム・医療・再生医療 

​​Puravida Technologies LLC.は医療分野とAI分野で培ったノウハウを活かし​、診察現場・訪問診療におけるAIの活用を促進します。日本の優秀な医師の知見を教師データとすることで、医療現場における人手不足や医師の能力差に関係なく質の高い治療・診断が可能にします。

 

既存の医療機器のAI化・販売を促進し、医師の診療の効率化と疾患の重大な見逃防止に貢献することを目標としています。

また、少子高齢化による深刻な医師・看護師不足を解消するため、訪問診療に携わる人材紹介・システムを構築します。AIを活用することで、診察におけるデータ収集や分析などに、医師が時間を割かずとも的確な診断・治療を行うことに貢献します。

再生医療

再生医療

脂肪由来幹細胞の分野のビジネスを展開しています。

Puravida Technologies LLC はアメリカ・カリフォルニア州サンディエゴの脂肪由来幹細胞の企業であるBimini Technologies LLC (Puregraft LLC, Kerastem LLC)とビジネス提携をしています。

 

脂肪組織には潤沢な幹細胞が含まれており、培養することなく十分な細胞数が取れるため、世界中の様々な分野における臨床現場で使われています。脂肪組織を使用した乳房再建における世界のリーディングカンパニーであるPuregraft社の事業開発、トレーニング、コンサルティングビジネスに加え、脂肪組織由来幹細胞を用いた毛髪再生のKerastem社(現在FDAのPhase2の治験)のアジア・パシフィック圏での事業開発を行っています。

 

Puregraft LLCについて

http://www.puregraft.com/

 

Kerastem LLCについて

http://kerastem.com/

AI × 高齢者向けマンション・訪問診療

AIを搭載したモニタリングカメラを活用することで介護者の立会いがなくても入居者の健康状態の確認を可能にするワンルームマンションを提案します。

一人暮らしの高齢者の孤独死や体調の急変を未然に防ぐだけでなく、慢性的な人材不足を解消し、介護者の負担と拘束時間の削減に努めます。

 

マンパワーに頼るのではなく、「疲れ知らずで24時間働ける」AIの力で高齢者やその家族の負担を軽減します。

Puravida Technologies LLC.  Tokyo, Japan

                                                                       

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now